Q&A

ぎふ人生よりそいサポートセンターの事業内容な何ですか?

「こころのケア」と「見守りケア等」の大きく分けて2つの事業を行っています。「こころのケア」はまだ社会にないサービスを取り組んでいます。また、見守りケア等は、見守りから成年後見、任意後見まで幅広く行っています。

 

 

依頼するかどうか決める前に、まず説明だけ聞きたいのですか大丈夫ですか?

はい、お気軽にお問合せ下さい。メール(fwjc24144@outlook.com)、またはホームページ内のお問い合わせからお願いします。お急ぎの場合は、お電話下さい。よろしくお願いします。

 

 

ぎふ人生よりそいサービスは、介護保険サービスですか?

いいえ、自費サービスとなるため、介護保険は適用されません。

 

 

個人契約、企業契約とはどういうことですか?

個人契約は、本人様・家族様と契約を結び本人様・家族様に支援させて頂きます。企業契約は、企業管理者の方と契約を行い、内容は管理者の方と打ち合わせさして頂きます。例えば、利用者へのケア、職員へのストレスケアなど。

 

今までどのような悩み相談がありましたか?

介護の悩み、認知症や精神疾患に関する事。支援事例を一度拝見して下さい。

 

こころの痛み、悩みとは何ですか?

人間には、身体的、精神的、社会的の痛み以外に、こころ(スピリチュアル)の痛みがあります。こころ(スピリチュアル)の痛みは答えが無い痛みと言われています。「なぜ、生きているのか?」「なぜ、こんなに辛い思いをするのか?」など、そのような悩みに寄り添い支援させていただきます。

 

具体的にどんなケアをするのですか?

まずは、積極的に傾聴させて頂き、あなたの悩みに共感させていただきます。必要に応じて、回想法、瞑想、ナラティブセラピー、ACP、認知症ケア、介護者ケア、グリーフケアなど個別に対応し、癒すためのケアです。

 

こころのケアはどんな方が必要ですか?

人は困難に直面した時、「なぜ、私がこのような病気にかからないといけないのか」「なぜ、こんなにも不幸があるのか」「なぜ、認知症になってしまったのか」「なぜ、義理母の介護を私だけがしないといけないのか」など様々な悩みが浮かんできます、ゆえにどなたにも必要なケアと考えます。

 

こころのケアはすぐに何か効果が表れますか?

すぐに効果が出ることは少ないです、まずは支援する人、支援を受ける人の信頼関係を築き、そこから癒しが生まれてくるので時間はかかります。長ければ年単位になります。

 

メニューに「こころのケア」と「見守りケア等」がありますが何が違うのですか?

こころのケアは、その方が抱えているスピリチュアルペインを理解するために、ナラティブセラピー、アクティブリスニング、呼吸法など個別支援して寄り添うケアです。見守りケアは、安否確認の意味合いが強く、普段と変わりがないか確認し、家族が遠方に見えればその状況を伝え安心していただく支援です。

 

病院からは治療方法は無いと言われあきらめています、それでも治りますか?

まずは本人様にお会いさせて下さい。治すことは難しいですが、こころのケアにより、今よりも穏やかに生活できるようになるかもしれません。